暑いです。
こんばんは御殿場駅前Bar QUEST@マスターです。
高地である御殿場でこれだけ暑いのですから、
平野部にはとても住めませんね。

さて第3回目となりました【美味しいビールの楽しみかた】
たかがビールでも奥が深いのですよ。

今回は「ご家庭内でのビールの温度」の注意点です。
「飲み切れるだけ冷やす」「ドアポケットに入れない」
「保管は温度変化の少ない場所」は既にご説明の通り。
今回は「楽しむ際の温度管理」です。

夏の暑い日にはキーンと冷えたビールを飲みたいところですが、
ちょっと待ってください。
ビールは冷やしすぎると味が落ちます。
そもそも液体は体温±30~35℃ぐらいが一番美味しいとされています。
そして5℃を下回ると味覚、特に「甘味」は感じにくくなります。
溶けたアイスクリームが物凄く甘く感じるのはそのため。
ビールも5℃くらいが適温です。

さらに問題はグラス。
冷凍庫に入れて凍らせてませんか?
これも何度も説明しております「急激な温度差」
を生む原因です。
ビールと同じ温度にすることをお薦めします。

さて次はいよいよ「注ぎ方」をご説明いたします。
これができるとビールは格段に美味しくなります。
ウチのお店の瓶ビールの注ぎ方はかなり難しいですが、
缶ビールは思ったより簡単にできますので
ぜひ挑戦してみてください。