夜半より雨の御殿場駅前でございます。
今日はずーっと厨房にこもりっきり。
来月のMonthlyの試作とかパンの練習とか
週末向けのお通しとか、ご飯の炊き置きとか
そんな今夜のBar QUEST@マスターです。

さてそんなお料理でございます。
そもそもキチンとした厨房が用意されているBARって
全体の2割程度しかないんじゃないでしょうか?
そもそも海外の文化であるBARには
「つまみながら飲む」という習慣がない。
バーテンダーも修行したお店に厨房がなければ
ほとんど料理が作れない方もおりますし、
ホテル出身ならキッチンを担当するのは専属の部署だったり。

某ポータルサイトの質問コンテンツに寄せられた質問に対する
回答投稿に「BARで食べ物を注文するのは非常識」とか
「本格的なBARでは食べ物を注文してはいけません」
なんてのがございましたよ。
じゃあBARでは食べ物を注文してはいけないのか?と言うと
そんなこともないわけです。
実際当店でもFood Menuを用意してありますしね。
「注文してもいい」からMenuが存在するわけで、
注文しちゃダメならMenuなんて置くなよって話です。

銀座の「Dalton」「BAR Radio」「JBA-BAR SUZUKI」など
一流超有名店でもFood Menuが置いてあって、
当然注文しても嫌な顔なんてされない。
BARでは食べ物も注文してください。