土曜日は10時まで全く動く気配がないので
荒井君に帰ってもらったら瞬く間に満席状態だった
御殿場駅前Bar QUESTでございます。
おかげさまでお休みの日に買ってきた真新しいグラスを
早速割ってしまった@マスターでございます。
あぁぁぁぁ・・・お気に入りだったのに・・・

Barに行くことに抵抗がなくなってくると、
男子たるものやはり女性とBarへ行きたくなるものでございます。
ワタクシはバーテンダーですのでそんな風には思わないのですが。

そんなオトコノコ諸君にBarでのエスコートについて
ちょいとばかりレクチャーいたしましょう。

○全てにおいて女性優先
言わずと知れたBar文化はヨーロッパ、アメリカが発祥。
ですから「レディー・ファースト」が適応されます。
おしぼりもドリンクも料理のお皿も女性からとなります。
決して男性が先に手を出してはいけません。
オーダーをする際も「○○と××を」ではなく、
「彼女には○○、僕には××を」とした方がスマートです。

○聞きにくいことは聞いてあげる
男性は入店したらトイレの場所をすぐに聞きましょう。
そして、たとえ行きたくなくても一度行ってください。
その他、お酒に対する質問や相談も貴方が聞いてあげてください。
女性に恥ずかしい思いをさせないように気を配りましょう。

○お酒のことはプロに聞く
お酒の知識をひけらかしたいのをグッとこらえて、
そこはプロに聞きましょう。
と言いますのも、素人さんの説明は分かりづらい。
そして万が一間違っていた場合、訂正しづらいからです。
彼女のカクテルのチョイスも、できれば相談してください。
貴方が知っている数種類のカクテルでは
彼女の好みにマッチしない場合が多いです。

Barを上手に使って是非デートを楽しんでください。