2012年06月

梅日記その3

荒井君は昨日東京へ目的ナシに行ったそうで・・・
その頃ワタクシは市内のちょっとお高めなお店へ
営業へ行ってましたとさ。
目的ナシに東京へ行きたいですなぁ。
次の東京行きも強行になりそうな
御殿場駅前Bar QUEST@マスターです。
「行く」と言うよりは福岡からの帰りにちょっと寄る
ぐらいの勢いです。

さて、「梅日記」の3回目。
しばらく時間が開きましたが、別に
メンドクサくなったとか、忘れちゃったとか
そんなんじゃないよ。
ソンナンジャナイヨ

まず器具と材料を用意いたします。
9f1e8166.jpg

今年は2kg分なので容器は2つです。
すごく大きな1つでも良いのですが、
この後の作業がかなり大変になるので1kg毎容器を分けたほうが良いです。

先ずは容器の殺菌から。
e78896e2.jpg

アルコールをスプレーします。
ネットなどで調べると、お酢を100cc入れるレシピや
焼酎、ウオツカなどお酒を入れるレシピがありますが、
ワタクシは純粋に梅の味だけを抽出したいので容器の殺菌だけ。
要は抽出中に腐らなきゃ何でもいいんです。

いよいよ詰めていきます。
a20ec6a3.jpg

氷砂糖→梅の順
43bd7523.jpg

梅が凍っていてカサが大きいため、1.8l容器に
梅1kgと氷砂糖1kgは入りきれませんので、残った分は別容器に。
そのうちに溶けて柔軟になるのとエキスが抽出されるので、
1週間もしないうちに隙間ができてそこへ追加できます。

後は1日1回上下をひっくり返してやります。
抽出が始まると糖度の高い液体は下に
低い液体が上に上がってきます。
この「糖度の低い液体」が腐敗しやすいので上下を返してやります。
保管はできれば冷蔵庫で。(抽出までに1ヶ月ぐらいかかりますが)
常温で保管する場合はなるべく涼しい場所で、
1日3回ぐらい(朝、昼、夜)ひっくり返してやると腐敗しにくいと思います。

あ、そうそう、梅の実って「今」の時期にしか市場に出回っていませんので
多めに買って冷凍しておくといいですよ。

では皆さんも作ってみてね。

真夏日/荒井

こんばんは。
今宵もBar QUESTへようこそ!


本日、都内より帰って参りました。

マスターの様に「仕入れ」ではありません(笑)


軽い息抜きですかね。

安く旨いモノを食べたり、買い物したり、
銀座をブラブラしたり、朝まで呑んでしまったり…。


普段は、目的があるのですが…。
今回は、これ!って目的なく都内に出たので、自由にブラブラ…ブラブラ…ダラダラ(笑)



知らない街の空気を感じるだけでも、リフレッシユするものです。


が!暑い!!!!


全てが面倒になる感じ…。

マスターと同じで暑いのは、ニガテです。

もう暫くは、目的無く都内に出向く事は無さそう…。
今年も暑い夏になりそうなので…。



とりとめなく書きましたが、(オチも無いですが)ワタクシの休日のヒトコマでした。


それでは、今宵も皆様とお会い出来るのを楽しみお待ちしております。

偶然はない

定休日前の静かな御殿場駅前でございます。
月末恒例の産みの苦しみ「Monthly Menu」
の選出が本日の仕事の殆どでございました
Bar QUEST@マスターでございます。
来月のテーマはDrinkは、Foodが
詳しくは土曜日のブログにでも。

長年バーテンダーをやっております
ワタクシ@マスターでございます。
過去にはカクテルコンペにも出場した経験もあり
(と言っても支部予選敗退ですが)
それなりにオリジナルカクテルもございます。
実際Monthlyには毎月1~2種類の
オリジナルカクテルを必ず掲載しておりますし、
お客様のご要望に応じてその場で
即興で作ったりもいたします。

で、このオリジナルカクテルですが、
「偶然」に美味しいものが出来上がるということは
まずありません。

というのも、我々がオリジナルをつくる場合、
必ず「ゴールから」モノを考えるためです。
「出来上がりの味」ありきで、そこから味を引いていきます。

それはワタクシが「共感覚」を持っているからではなく、
ほとんどのバーテンダーはそう考えます。

ひょっとしたら「ものすごく美味しいカクテル」は
バーテンダーではなく、素人の方が「偶然」出来上がってしまう方が
多いのかもしれませんね。
確率は物凄く低いと思いますが(笑)

紅茶とコーヒー

梅雨の中休みで良い天気となりました。
しかしそこは御殿場、日が落ちると肌寒く感じます。
本日はマヌケにも携帯電話を忘れてきてしまいました
Bar QUEST@マスターでございます。
ま、誰からも電話もメールも着ませんけどね。

ワタクシ、コーヒーがあまり得意じゃありません。
飲めないわけじゃないんですが、
あまり美味しいと感じない。
特に焙煎の浅いコーヒーと酸味の強いコーヒーは苦手。
ですので、当店はコーヒーにはあまり凝っていません。
一応エスプレッソとレギュラーの両方ご用意いたしておりますが、
特にレギュラーコーヒーに関しては、
果たしてこれが皆様に美味しいと感じて
いただけているのかすら疑問です。

反面紅茶が好き。
メニューには「季節のアイスティ」と載せていますが、
季節どころか2ヶ月毎に専門店まで行って買い換えています。
今に時期はマンゴー&マンゴスチンの香りの紅茶が美味しいですよ。

以前そんなことを喫茶店を経営されているお客様にお話したところ、
「それはコーヒーが苦手なんじゃなくて『好きすぎる』んですよ」
とのこと。
なんでも、本当にコーヒーが好きな人は
焙煎の強い、苦味が強い
香りの高いコーヒーを好むのだそうで、
そう言われてみると、
フレンチローストとかイタリアンローストとか
焙煎の強いコーヒーの方が抵抗がない。

ふーん・・・
そんなものなんですね。

折り目正しく、折り目なく

寒い月曜日でございます。
皆様お風邪など召しておりませんでしょうか?
4日振りのBar QUEST@マスターでございます。
梅日記も進んでおりませんが、
皆様の準備を待っているんです。
何もしてないわけじゃないよ
ナニモシテナイワケジャナイヨ

当店ご利用の方のほとんどの方はお気づきだと思いますが、
お釣りとしてお返しいたしますお札、全て新券です。
オープン以来16年、(途中2年ほどおやすみしてましたが)
変わらず新券を使い続けております。
って改めてお知らせするようなことでもないような・・・
銀座とか赤坂とかそれなりのお店はみんなやってることですし。

もちろんちょっと面倒な事です。
新券は銀行の両替機に入っていませんので
窓口営業時間までに窓口まで行って両替します。
寝坊したからちょっとパチンコ屋でとか
ゲームセンターでとか、仕入れをすべて万券でとか
そんなこともできません。

これは言わばワタクシの「せめてもの気持ち」とでも申しましょうか?
ワタクシは非常に喜ばしいことに
「本当に好きな事を仕事にしている」身分です。
ところがこんな人って極ひとにぎり。
そのほとんどの方たちが好きでもない仕事、
好きでもない上司、お客様、取引先に気を遣い
その対価としてもらってきているお給料。
そのお給料を「あぁここで使ってよかったな」
そう思っていただけるように、
ささやかながら形にしたい。
そんな想いで使い続けています。

明日も手の切れるようなお札をご用意して
皆様をお待ちいたしております。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

最新コメント
  • ライブドアブログ