2014年03月

開店祝いに欲しいもの【1万円以上3万円未満】

土曜日より忙しい日曜日でございました
御殿場駅前Bar QUESTでございます。
バイトがいない日に限って・・・

開店祝いに欲しいもの第2弾でございます。
今回はもうちょっと奮発して1万円以上3万円未満。
くれぐれもお願いいたしますが、決して先走らないでください。
これぐらいのお値段のものとなりますと
「いくらあっても困らない」モノはほとんどありません。
大抵はお店に1個あれば十分な物ばかり。
既に購入済みな物を贈っても困らせるだけです。
それを踏まえてお読みください。

〇ワインセラー
お店の規模にもよりますが12~24本入る物がよろしいかと。

〇水耕栽培キット
「グリーンファーム」という名前で売られてる物を
大型家電店でご覧になったことがある方もいらっしゃるのでは?
お料理を出さないお店でも、年間通してミントが提供できるので
カクテルを重視しているお店では喜んでもらえます。

〇生ハム
当店で扱っている後ろ足はさすがにこのお値段では難しいですが、
前足の生ハム「パレタ」なら専用台、ナイフのセットでも1万円台
前足生ハムの最高峰「パレタ・イベリコ」でも2万円しません。
贈る場合、専用ナイフを研いでもらうのを忘れないでください。

〇ジロール
名前を見ただけではこれが何なのかわからないと思います。
以前冬チーズでご紹介いたしました「テット・ド・モワンヌ」
これを削る専用の道具です。
1879376c.jpg
この道具、結構いいお値段いたします。
「これが買えないからテット・ド・モワンヌ置かない」ってお店もあるほど。
チーズの品揃えに凝りたいオーナーには喜んでもらえます。

その他料理を出すお店なら以前ご紹介した「真空器」や「ピザ専用オーブン」
カクテルに凝る方なら「エスプーマ」などなど。

ま、ここに挙げたものは僕が純粋に欲しいものなんですけどね(笑)

4月までに

週末の夜にこんばんは。
生ハムを切っていて左小指をざっくりやっちゃいました
御殿場駅前Bar QUEST@マスターです。
キーボードの「a」のキーがとっても押しにくい・・・
人差し指とか親指でなかっただけでも良しとしましょうか。

さて3月も折り返しを過ぎました。
4月を迎えるにあたってやらなくてはならないことが・・・
そう、「メニュー改定」です。
消費税率が上がることによりまして
価格が変わるためその準備です。
ついでなので、変更が追いついていないワインの変更、
シェリーおよびワインベースカクテルの追加、
4月から導入の焼酎の追加、
ついでにフードメニューもちょっと変えてみようかと思っております。
また、軽く5~6年放置していますA型看板も製作しようかな?
データも、今まで作っていたWordからIllustratorにしようかとも考えております。

問題は、「夏休みの宿題が終わらない人」のワタクシに
4月までに出来上がるかってところだな(笑)

雑学王のススメ

3月に入ったというのに寒い日が続きます
御殿場駅前からこんばんは。
Bar QUEST@マスターです。
あれからもう3年も経ったんですね。
無事に生かされていることを感謝せずにはいられません。
また何もできない無力感にも苛まれておりますが、
ワタクシにはワタクシに出来るだけのことをするしかありません。

さて本題は全く違うことでございますが、
バーテンダーを志す皆様、話題は豊富ですか?
バーテンダーは接客に「逃げ道」がありません。
例えばカラオケをすすめるとか、
お客様におねだりをするとか、
「盛り上がる系」の合コンゲームとか。

中には一芸持っている方もいるとは思います。
ワタクシのようにバルーンを捻る方(あんまりいないと思いますが)
クロースアップマジックをする方、
フレア・バーテンディングをする方。
ですがこれらがお客様に受け入れてもらえるとも限りません。
バルーンの場合、ゴムが擦れる音が苦手とか
急に割るのが怖くてみていられないとかね。
フレアの場合は静かに飲みたい方もいらっしゃいます。

基本的にバーテンダーは「話題の豊富さ」を求められます。
お酒そのものの事はもちろんですが、
お酒に合わせる「食」のこと、
お酒にまつわる文化的背景、歴史、神話から世界情勢まで。
音楽、関税、流通、芸術などなど
ありとあらゆることが結構お酒とつながっています。

お酒以外の事にも目を向けてください。
クイズ番組で出題される問題の8割程度が解けのが理想です。
あらゆることに興味を持ってください。
話題の豊富さがお客様を繋ぎ留めます。

お前に店お客様が少ないじゃんって言われると
アイタタなんですがね(笑)

開店祝いに欲しいもの【1万円以下】

相変わらず人気記事上位の「バーテンダーへのプレゼント」記事。
試しにGoogleで「バーテンダー プレゼント」で検索すると
候補1位がここのブログでした。
なるほど、常に上位のはずだね。
ちょっと人気ブロガーになった気分の
Bar QUEST@マスターです。

またまた「バーテンダーへのプレゼント」関係の記事ですが、
今回はズバリ「開店祝い」です。
実は飲食店の開業時期って変な偏りがありまして、
2月、3月と6月、7月に開業するお店が結構多い。
ウチのお店の最初の開店が7月、再オープンが3月。
もちろん狙ってこの時期なんですけど、それはまぁ置いといて。

開店の時にもらって嬉しいそんなもののご紹介。
今回はお手軽な「1万円以下」編です。
もちろん、通常のお酒、バーツールはNGですよ。

〇タオル類
これは何枚あっても嬉しいものです。
普通の白いタオルで充分ですが、
「グラス専用タオル」だとなお良し。
〇花瓶
コレ結構盲点なんですよね。
オーナーが男性ならなおさら。
お花が長持ちする薬剤をつけてもいいでしょう。
〇傘
「お店の方用」ではなく、「お客様用」の置き傘。
ホームセンターで16本骨の傘が500円ぐらいで売ってますので、
お店のキャパによりますが、とりあえず20本ほどプレゼントしてみてください。
特に6月、7月オープンのお店には喜んでもらえると思います。
事前情報がないならこのぐらいでしょうかね?

後は開店したお店の状態を見て、
例えばお手洗いのハンドソープディスペンサーとか
以前にもご紹介いたしました「パブミラー」
トイレ用の小さなサイズのオイルヒーター、セラミックヒーター、
マイクロファイバーのひざ掛け、
シルバーレストや箸置き、
スコットランド、ケンタッキー州、フランス、イタリアなど
「お酒の産出国、地域」のポスターサイズの地図、
そしてなにより「新しいお客様」

お店側としても「細かな心遣い」をしていただけると
とても嬉しく思います。

もうちょっと奮発できる方はコチラを参照してください。

流行りは好きじゃない

ひとり寂しく日曜深夜のBar QUEST@マスターです。
やる気はあったんだけどなぁ・・・
待つ仕事の辛さでございます。

今更流行語のお話ですが、
ワタクシ@マスターはこの「流行語」とやらがあまり好きではない。
このブログにも登場したことは一度もないはずです。

お店のメニューや広告なんかの煽り文句で見かけますが、
このフレーズを採用した人はどんな効果を狙ったのか
甚だ疑問に感じます。
「流行に敏感なオレ(ドヤァ)」って感じなんでしょうかね?
こういう感性のお店には少なくとも行きたくない。
だってこれってさ、
「当店は創意も工夫もありません」って言ってるみたいなものじゃない?
店の姿勢の根幹に関わることをパクっちゃダメですよね?
プロフィール

QUEST

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ