2014年06月

言の葉

一週間ぶりにこんばんは。
北海道から無事に帰ってまいりました
Bar QUEST@マスターでございます。
先着順ですがお土産がありますのでゼヒ取りに来てください。
先着20名分なのですが、もうすでに10名分出てしまいました。
早い者勝ちです。

そんな北海道旅行でございますが、
イベント会場に向かうシャトルバスでお隣に座った
看護学生さんと思しきうら若きお嬢様が
お友達とこんな話をしておりました。
「言葉遣いを綺麗にしたいんだよね。
咄嗟に『マジ?』とか『ヤベェ』とか使わないようにしたい」
大変良い事でございます。

さて、バーテンダーを志す皆様、人ごとではございませんよ。
Barという場所は、大会社の社長さん、人間国宝、地元の名士さんなど
様々な立場の方がお見えになります。
尤も、お客様の立場にかかわらず丁寧な接客が求められるわけですが。
日頃からきちんと敬語、綺麗な響きの日本語がが使えるように訓練しましょう。
とは言っても、一般の方と生活時間帯が違いますので、
中々人を介して訓練するのが難しい。
そんな時は耳に入ってくる会話を敬語に「同時通訳」します。
もちろん脳内でですが。

敬語や丁寧な言葉は知っていても咄嗟に出てこないものです。
また、中には「これって丁寧な言葉でなんて言うんだろう」
なんてワードも出てきます。
そして、意識して言葉を聞いていると、綺麗な言い回しに出会ったりします。
常にこの訓練をしていると、敬語が割とスルッと出てきますよ。

ちょっとお休み

人通りの少ない夜の御殿場駅前でございます。
今週もあまり仕事してない感じのBar QUEST@マスターでございます。
一部では既にアベノミクス効果も出始めていおるらしいですがね。
消費の末端業種なのでワタクシが実感できるのはまだ先かなぁ~。

突然ではございますが、
来週の日曜、月曜の2日間お休みをいただきます。
あまりにもお客様がいらっしゃらないから
嫌になっちゃったとかそんなんじゃないです。
それならとっくに嫌になっちゃってますから。
ワタクシ@マスターのもう一つの顔「バルーンアーティスト」の関係。
ひねる風船のイベント「ツイスターズ」へ行ってまいります。
一昨年行ってきましたイベントと同じイベント。
今年は北海道でございます。
イベント自体は土曜、日曜の2日間なのですが、土曜日はお休みする訳にもいかず。
日曜1日だけでもよかったんですが、8年ぶりの北海道旅行でございます、
ちょっとハメを外してまいります。
月曜はW杯日本戦の前日ですしね。
とは言え、懐具合があまり芳しくないので細々ですけどね。
火曜日に来店すると、何かお土産があるかも?

それでも悔しい

毎年梅雨時期にはご来店の減る
御殿場駅前Bar QUESTでございますが、
今年はさらに輪をかけて少ないでございますよ(´;ω;`)
みんな・・・そんなにサッカー好き?
サッカーの試合は朝方ですよ?

ま、連日そんな感じでございますので、
先にもご案内いたしております通り、
ただいま当店「食パン」作りにハマっております。
毎日工夫しておりますので、だんだん上手にはなってきておりますが、
本日お客様より
「でも〇〇製パンの方が美味しいよね」と
言われちゃいました。

解ってるよぉそんなこと(ノД`)
何十年もその道で食ってる奴に
昨日今日始めた奴が敵うわけないじゃん
それでも悔しいんだよぉ~~!
何回作っても同じにはできないんだよぉ!

ま、技術のお仕事なのでね。
他の市内のお店のバーテンダーも
「このカクテル、QUESTより美味しくないよね」とか言われてるのかな?
ワタクシはカクテルの味に関して言及されたことがないんで判らないですけどね。

得意なカクテル

本日のお仕事は排水口掃除と
角食(食パンのことね)3作目の制作でございました
Bar QUEST@マスターです。
今週ちゃんと仕事したのは火曜だけだったな(ボソ
食パンの出来は今回が一番好きな味になりました。
ただ、高さが出なかったので発酵時間の見直しをせねば。

バーテンダーを20年も続けておりますとお客様から
「得意なカクテルは何ですか?」とか
「マスターの得意なやつを1杯」とか言っていただけるのですが、
正直言うと、もう「得意、不得意」で仕事をしていません。
極端に言うと、その時に初めて見たレシピでもきちんと作れます。
それはそれぞれのお酒、ジュースの味が頭の中に入っていて、
自分の技量でどんな変化が起こるのかを把握しているので
作る前からどんな味になるのか想像がつくから。
ワタクシにとっては「おまかせで」と言われているのと
さほど変わりません。

仮に「作るのが得意」ってだけで、
お客様にとって美味しいと感じてもらえる確証がないので
「お任せ」で作るより厄介かもしれません。
あまりお行儀の良いオーダーの仕方ではないのでご注意ください。

おいしく食べよう

ここのところ食パンにハマっております
Bar QUEST@マスターでございます。
ワタクシのことでございますのでもちろん「作る方」ね。
あぁ・・・食パンの生地ってこんなに柔らかいのね。
これじゃあ手で練るなんて無理だね。
ま、しばらく実験に精を出すこととしましょう。
だから今来店すると食パンが試食できるよ。

さてさて、以前何かの質問コーナーにこんな質問がございまして、
「彼女がスタイルは悪くないのですが、とてもたくさん食べる人で、
一緒に食事に行くと恥ずかしい」
って感じの質問でした。
悪いことは言わない、彼女のために別れてあげなさい。
君のような了見の狭い男では彼女を幸せにはできないでしょう。

飲食業にとって「たくさん食べる人」ほどありがたいお客様はおりません。
しかもそれが女性ならなおさら。
飲食業では大食いタレント「ギャル曽根」はかなりの人気。
なぜなら彼女は「美味しそうに」「たくさん食べる」から。

飲食業はご存知の通り「最も就きたくない仕事」の筆頭ですよ。
長い拘束時間、安い給料、自由にならない休み、
そんな中、モチベーションが保てるのは「美味しい顔」が見たいから。
食べて美味しかった時はゼヒ「美味しかった」と声をかけてくださいね。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

最新コメント
  • ライブドアブログ