ちょっと大きめが好きなBar QUEST@マスターです。
グラスもですが女性もです。

本日ネットニュースなどを見ておりましたら、
飲食店で「ごちそうさま」と言うのに抵抗がある方の記事を読みました。
なんでも、自分は「お金を出して」食べに来ているのであって、
「仕事として」飲食物を出しているお店とは対等であるから
わざわざ「ごちそうさま」とは言いたくないのだそうです。

いやまあね、人の考え方はいろいろですから
どっちが正しいとか間違っているとかは論じませんが、
この人って例えば配送で荷物を届けてくれる人とか
設備の修理とか何かの集金に来た人に
「ありがとう」とか「ご苦労様です」とかも言わないのかな?
だってそうだよね?相手は「仕事」で来てるんだから。

逆に仕事で残業したときとか、厄介な案件を処理したとき、
いつもよりスケジュールが過密なとき、
「お疲れ様」とか「ご苦労さん」とかも言われたくないのかな?

もちろん「ごちそうさま」って言われるために仕事をしているわけではないし、
言ったから、言わないからでサービスや味が変わるわけでもないです。
でも言ってくれれば嬉しいし、励みにもなります。
ワタクシのように自分に自信がない人は特に。
少なくともこの方は飲食業に従事したことがないんだなって思いました。